IUDに待ったをかけた怖がりな俺

IUD
しばらくは子どもを作らないことを考えた俺達はIUDを使用することにしました。まだ20代と若いのに、子どもを作らないことにしたのっておかしいんですかね?でも逆に言えば、「若いからこそ2人の行為をもっと楽しみたいからIUDを使う」ことにしたんです。コンドームとかよりも効率が良くて良いじゃないですか。

俺達は元々めんどくさがりで、コンドームを付けなくてもいいじゃんって話してそのままヤってしまったことも何回かあります。その時は幸い妊娠するようなことはなかったんですけど、やっぱり迂闊な行為だったなとは思っています。

その点IUDは良いですよね。
ただ、色々調べていくうちに、「そんなのが自分の嫁の身体に入るのか…」と思うと怖くて仕方がなくなる自分が居たんですね。そしてやがて「俺が怖くて仕方ないからIUDは辞めようよ」って俺から言い出すことにしました。嫁は最初きょとんとしていましたが、俺が真剣に話した結果納得してくれたようで、結局コンドームで避妊をすることになりました。あぁ良かった。俺は心底安心しましたね。

どんなことに関しても女の人の方が精神的に強いんだなと思いましたね…。それを学んだのがIUDなのかよって話ですが、まぁある意味勉強になったので良いんじゃないかなと。

今では色んな避妊の方法があって、それぞれでメリットとデメリットがあることを俺は知りました。まぁ、どれも嫁が説明してくれたんですけど…。つくづく良い嫁を持ったなって、そう思います。

世の中女性に避妊を任せきっている男性多過ぎやしませんか…?俺も何にも知らなくて、嫁から教えてもらった情けない男ですが、興味を持ってからはそりゃもう一生懸命勉強しましたよ。結局IUDは使いませんでしたけどね…。

望まない妊娠は男女ともにとても困ったことになるわけですけど、一番困るのはやっぱり女性なんですよ。相手の親御さんとの付き合いもありますし、仕事だってありますし、健康面には影響出るしでもう大変過ぎます。

男性はそんな女性に寄り添ってあげてください…。今まで無関心でもこれから関心を持ってあげればOKですよ。男女一緒に避妊に取り組めば心配事はグッと減りますよ!

20代男性・接客業