夫婦2人で避妊「どっちも」の選択

夫婦円満の男女
40代の夫婦です。

子どもはもう5人も居て、これ以上は必要ないし、お互いの身体的にもそろそろキツイかなと思うようになりました。第一、今子どもができるとなると妻の身体が一番心配です。

行為は今でも週に数回はあり、夫婦関係は至って良好です。とはいえ、前述のように子どもを作ることは考えていませんから、避妊にも積極的に取り組んでいます。

ただ、それも少々面倒になってきましたし、子どもができる可能性がゼロではないのは危ないと感じるようになってきました。
そこで私達はそれぞれパイプカットとIUDをやってみようということになりました。片方がやるのではなく、夫婦共々、です。

普通は片方がやれば妊娠の可能性はほぼなくなります。
でも私達夫婦はお互いを想うあまり、「片方に避妊を強いるのはダメだ」という結論に至り、それぞれパイプカットとIUDをすることになったんですね。これっておかしいですかね…。

でも、こうすることによって妊娠する可能性はさらに下がりましたし、気持ち的な安心感の方が強くなったんですよね。上手く言葉にはできないんですけど、お互いがお互いのためにというか、2人で避妊に取り組んでいる一体感というか…。とにかくこの方が落ち着くんですね。

パイプカットをしても私の場合は問題なく射精できていますし、IUDをしている妻も違和感は少ないようです。結果的に私たちの選択は間違っていなかったのかなと思います。

まぁ、避妊の方法の選択に正しい正しくないは正直ないのかなとも思っています。夫婦の形それぞれのやり方で良いと思うんですよ。私達のように両方がやってもいいわけです。

これから避妊を考えている夫婦は、周りの意見を参考にしつつも、鵜呑みにしないようにしてもらえたら良いなと思います。大切なのは夫婦2人が満足することです。2人が満足さえすれば、他の夫婦の避妊の形と比べる必要はないでしょう。
「おかしい」とか、「変わってる」なんて言われても気にしないでくださいね。

40代男性・運送業