性行為のためすり合わせの重要性

お互いのための避妊
皆さんは何のために避妊をしますか?「避妊(子どもを作らない)のためだろ」?ごもっともです。

でも、避妊をすること、つまりは子どもを作らないという条件下での性行為は、お互いの愛を確かめ合うということを意味しますよね。
男女の性行為は、「子どもができるかもしれない」というリスクの下では、満足に楽しむことができないとは思いませんか?

もちろん、すでに結婚していたり、子どもを欲しがっている男女の間では、避妊が上手くいかなかったり、そもそも避妊をする必要さえないのかもしれません。

でも学生である私のようなカップルの場合、今子どもができるのは困るわけです。だったら性行為をするなよというのが一番なのかもしれませんが、そうもいかないじゃないですか。だって、性行為は前述の通り、愛を確かめ合う行為でもあるのですから…。

ですから、私は避妊に対して恥ずかしいとは思いませんし、当たり前にするものだと思っています。お付き合いする男性に関しても、私の考えに協力的で貞操観念のしっかりした人をと思って探し続けてきました。

大学3年生の頃に出会った彼は、そんな私の理想にピッタリの人だったんです。コンドームは必ず使ってくれますし、妊娠の可能性が高まる危険日には性行為はしないことにしています。半同棲のような状況でも必ず大人な対応をとってくれ、性行為のない日は静かに添い寝をしてくれます。

避妊に対して怖いとか、心配だとか思っている女性は、避妊の方法を探ることも大切ですが、まずは避妊に対して協力的な男性かどうかを見極める必要があると思います。時々「男はヤりたいだけで何も考えていない」と厳しいことを言う女性を見かけますが、それは極論過ぎると思います。

男性はそれぞれで性に対する意識が違います。これは女性が思っている以上に差が大きいです。
皆さんそれぞれで性や避妊への意識の入れ込みようは違うと思いますが、どうかパートナーと意識をすり合わせることだけは忘れないようにしてください。

20代女性・大学生